読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサーリンク

日本の大学生は世界一勉強をしないって誰が決めたの?

f:id:hackstudent:20160120232509j:plain

日本の大学生は世界で一番勉強してないとかたまに言われますけど。

どこ情報なんですかね?っていつも思います。

例えばこういう本があったりします。

この本には

大学が増える→成績の基準があいまい→いい成績をとっても意味がない→勉強しなくなる

という負のスパイラルが生まれると書いています。

こういった記事もあります。

toyokeizai.net


いや~でもそんなことないでしょ。これがあてはまるのは一部の学生では?

僕は日本人学生は世界的に見ても頑張っていると思うのですが。

ということでそう考える理由について述べたいと思います。

日本の就活制度と大学生の関係


3/1から就活が本格的に始まりましたが、いわゆるリクナビマイナビに登録してエントリーしていくといった就活をする人はどちらかと言えばマイノリティーでしょう。というのも日本の大企業は推薦制度で多くの人材を確保しているからです。

推薦制度とは、大学の学部や学科に求人を出して、大学が学生を紹介するという制度です。企業側は採用コストを大幅に減らすことができますし、大学側も学生に職を紹介できるので、お互いにWin-Winな制度だと思います。

日本のメーカーを始めとする企業の全採用数の7割程度はこの推薦制度を使ったものでしょう。

しかし、推薦制度は各学部学科によって枠が決まっており人気企業には多くの学生が殺到します。

じゃあその時どうやって推薦状を割り振るのでしょうか?

それは多くの場合“成績順”です。

なので、行きたい企業に行くために学生は少しでもいい成績を取るために勉強をしなければなりません。

「自分のしたいことができる企業に行くために、つらくても勉強を頑張る」というシステムなんですね。

日本の大学制度とは素晴らしいシステムではないでしょうか。実態としてはケツをたたかれて勉強しているのかもしれませんが、本人の強い意志で勉強をしていると解釈することもできます。

よくご年配の方が、最近の若い者は遊んでばかりだと言っていますが、それは自分たちもそういった遊ぶ場にいるので学生を含めた若年層が目に付くだけなのではないでしょうか。

田舎のキャンパスにある大学で勉強をしている人間なんて普段目につかないのでしょう。というよりそもそも接点がないと思います。

それで、バイトやサークルで遊んでいる一部の学生が日本の大学生のイメージとなっていくわけです。日本はメディアもどちらかというと左寄りですしね。日本の学生はこんなに勉強していると報道しても何も面白くないですが、日本の学生はこんなに勉強しないと報道すれば国民は注目してくれます。

だから日本の学生は世界一勉強していないというトンチンカンなことがささやかれるのではないでしょうか。

世界的に見ても日本人は結果を出している


いやさっきまでの話は民間企業だけだろと突っ込む方もいるかもしれません。

でも日本の大学は世界的に見ても多くの成果を出してきたわけです。

例えば2000年以降の国別のノーベル賞受賞者は米国に次いで2位なんです。

digital.asahi.com


これは日本の大学のレベルが世界的にもみてのトップレベル、というよりトップに近いということが言えると思います。

日本人はそこまで、要領のいい人種ではないと僕は思います。

世界一勉強しない日本人が、世界トップレベルの学術レベルであるなら、日本人はどれだけ天才なんだ?ってなりませんか。

でも日本人=天才というイメージはありませんよね。

世界的に見ても、ユダヤ人=天才というイメージはあるのかもしれませんが、日本人はどちらかというとコツコツ成果を出すタイプだと思われているはずです。

だからこういった結果をみると日本人学生は世界的に見ても勉強を頑張っていると捉えることができるはずです。

まとめ


多くの日本人は大学で多くのことを学んでいます。でも一部の学生が全く勉強しないので、統計的には勉強時間などが下がっているだけではないでしょうか。

勉強しない学生も大学に学費を支払っているので、大学としては貴重な財源です。

しかし、もっとマクロに見ると学費を払ってくれるより、早く働いて税金を納めてくれたほうが国としては助かるわけです。そこらへんに文科省は気づいたのでしょう。勉強させない大学の数と勉強しない学生数を大幅に少なくすることを思いつきました。それが特定の学部、学科を廃止するという方針に現れているのでしょう。勉強をする学生をこれ以上増やすより、勉強をしない学生を減らすほうが簡単ですからね。

国は大学について何もわかっていないという人がたまにいますが、これからどんどん改革を進めていくのではないでしょうか。そして10年後、20年後にちゃんとした統計を取れば結果は違ったものとなっていると思います。

世界一勉強している日本人学生と報道される日がいつか来てほしいですね。

ちなみに僕はそこまでのまじめ君ではないので、10年後、20年後にこういう報道がされたら耳が痛くなっているかもしれませんが