スポンサーリンク

大阪で一度は食べたい高級ホテルのいちごビュッフェ

f:id:hackstudent:20160114231353j:plain

いちごのシーズンになりました。大体いちごのシーズンは1月から4月くらいまでです。しかしフルーツの中でもいちごは比較的高く、スーパーなどにおいてあっても買うのをすこしためらってしまいます。そこで、どうやったらいちごをたくさん食べられるかを調べたところ、大阪のさまざまなホテルがいちごビュッフェという、いちごのデザートを心行くまで食べることのできる食べ放題をしていることを知りました。

 

そこで今回は大阪の各ホテルが提供するいちごビュッフェについて比較したいと思います。

ヒルトン大阪

f:id:hackstudent:20160114225821j:plain

http://www.hiltonosaka.com/plans/restaurants/checkers/2092?_ga=1.214210065.727957383.1452774919

 

ヒルトン大阪は大阪駅近くにあり、歩くことなくもあまりなく大変便利です。

 

この「ストロベリーデザートブッフェ」は、味はもちろんのこと、見た目にもこだわっているそうです。また、キッシュやサンドウィッチも取り揃えているそうで、お口直しにいいのではないでしょうか。

 

【期間】 2月1日(月)~3月31日(木)の月~金曜日(祝日を除く)


【時間】 15:00~17:00

 

【料金】 お一人様 3,300円 お子様 2,000円


【場所】 2階 ブラッセリー「チェッカーズ

 

 

注意点としては税金・サービス料が別にかかります。

 

セントレジス大阪

 

f:id:hackstudent:20160114230528j:plain

http://www.stregisosaka.co.jp/jp/strawberrybuffet

 

 

シェラトン系のホテルグループであるスターウッドグループのホテルの中でも最高峰とされる「セントレジス」で食べるいちごビュッフェはきっとあなたを贅沢な気分にさせてくれるはずです。ロンネフェルト社の紅茶がイチオシのようです。

 

料金自体はすこし値が張りますが、これには消費税と13%のサービス料が含まれているのでわかりやすいですね。また平日の予約をWebですると5,500円が4,980円になるそうです。

 

また、ウェルカムドリンクとして「ノンアルコール苺カクテル」が付いてきます。

ロンネフェルトの紅茶以外にも、コーヒーやジュースなどがあります。

 

【期間】 2016年1月9日(土)~3月31日(木)


【時間】 15:00~17:00 (2時間制)

【料金】 お1人様¥5,500(税金・サービス料込み)

     ※4才~12才のお子様は¥2,750(半額)

【場所】 フレンチビストロ 「ル ドール」

 

 

消費税とサービス料が含まれています。

 

ザ・リッツカールトン大阪

 

f:id:hackstudent:20160114230556j:plain

https://www.ritz-carlton.co.jp/restaurant/splendido/information/8325.html

 

 

言わずと知れた最高級ホテル「ザ・リッツカールトン」、リッツカールトン大阪は大阪駅の近くにあり、歩いていくこともできます。特徴的な建物の外観を見て、いつかは泊まりたいなと思います。

 

ストロベリーを使用したライスボールやチーズバーガーなどがあるとのこと。ちょっと勇気がいりますが気になりますね。種類も50種類以上に及び、公式ホームページからはメニューを見ることもできます。

 

【期間】 2016年1月5日(火)~5月8日(日)


【時間】 2:30 p.m. ~ 5:30 p.m. (90分制)

【料金】 大人 4,900円 

     お子様(小学生、6~12歳) 2,450円

【場所】 スプレンディード (1F)

 

 

 

こちらは13%のサービス料がかかります。

 

ハイアットリージェンシー大阪

 

f:id:hackstudent:20160114230801j:plain

http://hyattregencyosaka.com/restaurant/ll/index.html

 

 

正直、アクセスが良いとは言えないのがこの「ハイアットリージェンシー大阪」です。

大阪駅から、無料バスが出ているものの25分の時間がかかります。またユニバーサルスタジオジャパンに近いと言えば近いのですが、正直不便で歩ける距離ではありません。

 

しかし、このハイアットリージェンシー大阪で開催される「ストロベリーデライト」は価格が比較的お手頃です。サービス料も10%と低く抑えられています。

 

こちらも公式ホームページにはメニューが載っています。

 

【期間】 1月9日(土)~3月25日(日)の土・日・祝日

     3月26日(土)~4月10日(日)の毎日

【時間】 12:00~16:00

【料金】 3,200円(税サ別)コーヒーまたは紅茶付き

     + 800 円でグラススパークリングワイン

     またはストロベリーカクテル 

     (ノンアルコール/アルコール選択可)

 

ホテルニューオータニ大阪

 

f:id:hackstudent:20160114230855j:plain

http://www.newotani.co.jp/osaka/restaurant/satsukilounge/index.html?Psubid=55

 

ニューオータニの特徴はブランドいちごの食べ比べができることです。「あまおう」や「さがほのか」などを取りそろえているようで、その時期に一番おいしいいちごを仕入れているそうです。

 

他のいちごビュッフェでは、いちごがそのまま食べられるということを押し出していません。もちろん他のホテルでも生のいちごがあるのかもしれませんが、ニューオータニはしっかりと書いてあるので、僕みたいにケーキみたいに甘いものを大量に食べるってのはちょっと…という人には安心できます。いちごだったら永遠に食べられる気がするのですが。

 

値段設定は強気の5,000円から。でも消費税、サービス料込でこのお値段なので安心です。

 

【期間】 2016年1月15日(金)~3月31日(木)

【時間】 1部 11:30~13:00/2部 13:30~15:00 [各90分制]

      ★2月5日(金)より「夜の部」スタート!

       (18:30~20:00 90分制)

【料金】 大人 平日 ¥5,000/土・日・祝 ¥5,500
      小学生 ¥2,500
      幼児   ¥1,000
      ※いずれも税金・サービス料込

 

さいごに

 

いちごがたくさん食べたいという人には、いちご狩りでもいいのですが、週末にいちご狩りに行っても熟れたいちごはもう収穫されていたり他の人に食べられていたりで、ほんとうにおいしいいちごが食べられるとは限りません。

 

ホテルのいちごビュッフェはもちろん高いのですが、パティシエが工夫を凝らしたデザートを用意していたり、いちご自体の質もとても良いので、普段なかなか食べることのできない苺を堪能するにはぴったしだと思います。

 

また、ホテルでディナーをとるのは贅沢だけど、プチ贅沢をしたいってときにもおすすめです。僕も今回調べたホテルのどれかでいちごビュッフェに行きたいなーと考えています。ビタミンも豊富で風邪予防にもなりますしね。